トップページ >サービス内容 > 月次決算・黒字化支援

月次決算・黒字化支援

●毎月、月次決算書は送られてくるがほとんど見ていない
●月次決算書を読んでも経営に活かす方法がよく分からない
●2~3ケ月経ってから送ってきても終わったことはどうしようもない
●月次決算書を見ても資金繰りが分からない
●銀行から月次決算書の説明を求められても説明できない

私達は月次決算書を如何に経営に役立てるかを社長といっしょに考えご説明します。

特に赤字企業の社長様には「赤字からの脱出」「借金地獄からの脱出」を目指しキャッシュを残す経営をご提案します。

サービスの特徴

1. 毎月お届けする月次決算書の内容に金融機関の担当者もびっくり!!

 ●月次コメント

 ●キャッシュフロー計算書

 ●要約変動損益計算書

 ●銀行格付表

 ●要約貸借対照表

 ●損益推移表

 ●運転資金

 ●月次損益計算書(会計ソフト分)

 ●資金別貸借対照表

 ●月次貸借対照表(会計ソフト分)

 ●ストラック図表

2. 社長さんの視点に立った「経営に活かせる資料」です。

 毎月リアルタイムに月次決算書を見ることで「黒字だったのか?」「赤字だったのか?」「資金は幾ら残っているのか?」を毎月把握し管理することにより、節税対策、赤字の原因と対策を検討します。

3. 社長さんが一番知りたい「資金繰りに重点を置いた説明」をします。

 毎月、単月と累計のキャッシュフロー計算書と資金別貸借対照表による分析をします。

4. 経営計画と対比することにより「未来が予測できる先行経営」を実現します。

 毎月、単月と累計で経営計画と実績の比較することにより、予測と現実とのズレを把握でき、どこに手を打てば達成できるかをいっしょに検討します。

5.ストラック図表による会社の利益計画が簡単に作成可能です。

 ストラック図表は損益分岐点や労働分配率が簡単に計算できると共に、会社の収益構造が簡単に理解できるため、会社の利益計画が簡単に作成できます。

6.「銀行格付表」により、自社の金融機関によるランク付けが一目瞭然です。

 毎月の月次決算書による財務分析を行った内容に基づく定量的分析と格付けランクアップ対策を検討します。

7.経営者及び幹部の方が数字に強くなります。

 毎月、年12回の反復継続することにより、自然と経営管理の勉強が出来、年に一度の決算報告会に比べ、数字に強い経営者及び経営幹部の育成が可能となります。

お問い合わせ

廣瀬税理士事務所へお問い合わせ

廣瀬税理士事務所スタッフ紹介

サービス内容

起業家支援

月次決算・黒字化支援

経理合理化・コスト削減支援

セカンドオピニオン

相続でお悩みの方

個別相談はこちら

廣瀬税理士事務所ブログ

アクセスマップ

〒810-0001

福岡市中央区天神4-8-25ニッコービル4F

【交通】

福岡市空港線 天神駅 徒歩5分
西鉄天神大牟田線 西鉄福岡(天神)駅 徒歩7分


ページの先頭へ